MENU

17LIVE(ワンセブンライブ)の使い方と収益化までの方法を教えます!

全世界5000万ユーザー!誰もが気軽にライブ配信を楽しめるライブ配信アプリが今回紹介する17LIVE(ワンセブンライブ)になります。

歌・パフォーマンス・雑談・ゲームなど、好きなこと、話してみたいこと、好きな時間に好きな場所からライブ配信を通じて楽しむことができます。

配信者の中には、GACKTやDJ KOOなどの人気のアーティストやアイドルの17LIVEだけでしか見ることのできないライブ配信もあります。

以前は日本国内では、イチナナライブなんて読んでいたんですが、2021年9月にグローバルに呼び名、名称を全世界で共通化し、世界的にもユーザを増やし続けているライブ配信アプリです。

ここでは、そんな17LIVE(ワンセブンライブ)の使い方から収益化までの方法について、説明していきますね。

2021年には台湾から日本国内に本社機能を移転し、日本国内でこれから力を入れてシェア拡大に進んでいこうとしている会社です。

収益化についても会社として力を入れてくれている以上、間違いなく進めやすいので、ぜひとも試してみてください。

目次

17LIVE(ワンセブンライブ)アプリの特徴は?

アプリ名称
URL
特徴
ユーザ男女比
ユーザー層
収益化
運営会社

17LIVEはそもそも台湾でアプリ開発され、2017年に日本国内で利用し始めてからは、不動の人気NO1ライブ配信アプリとして、人気のアプリとなっています。

17LIVE(ワンセブンライブ)のコンセプトは、『だれもがなにかのアーティスト!』です。
最近ではそうでもなく思っているかもしれませんが、2017年当時はなかなかライブ配信をしているような人は少なく、いたとしてもYouTubeが一般的な動画配信のプラットフォームとなっていました。

そんな中で、手軽にスマホだけで素人がライブ配信できる!
しかも、多くのファンが素人のライブ配信を待ち望んで楽しんでる!

なんて、今のライブ配信のムーブ、雰囲気を作り出したのは、間違いなく17Liveのおかげと言えるところが大きくあります。

それだけ知名度もありますし、ユーザ数も非常に多くあります。
もちろん自分で簡単に動画配信する機能も用意されていますし、これだけライバーが多くいれば、配信を見ているだけでも十分に楽しむことができます。

収益化もしっかりと用意されていますので、気になったのなら、ぜひともチャレンジしてみてくださいね。

17LIVE(ワンセブンライブ)アプリの登録から視聴、ライブ配信方法まで解説!

ここからは、17LIVE(ワンセブンライブ)のアプリの使い方について、具体的に説明していきます。

とはいっても、これだけメジャーなアプリということで、AppStoreでお目当てのアプリを選ぶことさえできれば、そこからは何も悩むことなく登録から動画配信までたどり着くことができます。

改めて説明は不要かもしれませんが、ライブ配信アプリを使ったことが無い人もいると思いますので、書士運者向けにキャプチャ画像を利用しながら紹介していきますね。

会員登録の方法は?

アプリに関してなのですが、アイフォンもアンドロイドにも対応しているので、お使いのスマホでアプリをインストールしてください。

ちなみに、17Liveの会員登録に関してなのですが、アプリインストトール時点では、電話番号やメールアドレスといった個人的な情報は全く入力することなく、アプリが利用開始となります。

ニックネームすら決める暇もなく、ダウンロードしたらすぐに使えるようになっているのも、ここまで人気になっている理由かもしれません。

iPhoneのAppStoreの画面になりますが、こんな感じでインストールさえしちゃえば、そのまますぐに他のライバーさんのライブ配信を視聴可能となります。

本当に手っ取り早くて、登録まではすぐですね。

私は普通にAppleIDで登録して連携させましたが、その他のSNSアカウントやツイッターでも登録までは全く問題ありません!

とりあえず、まずは登録して利用を開始してみましょう。

ライブ視聴方法とは?

登録までは一瞬で済みますが、アプリを起動すると、すぐさまライブ配信が見れるようになっています。

画面としてはこんな感じで、アプリをインストールすると、すぐさま、誰か氏らのライブ配信を見れるようになっています。

各ライブルームに入ると、お決まりのように配信者がやってくれるアクションがあるので、こちらもリアクションを返せるように、基本ルールを覚えておいてください

  • いいね
  • コメント
  • Poke(ポーク)
  • フォロー

といったようなリアクションを送るようになります。

この中で17LIVE(ワンセブンライブ)特有のアクションとして、Poke(ポーク)というのがありますので、これだけ解説しておきます。

これって、ライバーがリスナーに向けて行うコミュニケーションのひとつ。「ありがとう」や「こんにちは」「ねえねえ」のような意味を込めて、ツンツンと突付くことを表現している機能です。

リスナーの方も、Pokeされたらお返しにPokeを返す。
ってのが喜ばれますので、積極的に絡んでいきましょう

ライブ配信方法は?

最後にライブ配信方法について説明しておきます。
と言っても、ライブ配信をとことん手軽にやる!
ってのが特徴なので、何も難しいことは全くありません!

こんな感じで、アプリホーム画面の一番下に『+』のアイコンがあります。
そこをタップするだけで、すぐにでも配信が可能となっています。

配信する際は特に難しいことはなく、カテゴリや参加するイベントを決めれば、すぐにでも配信が可能となっています。

注意事項としては、ライブ配信する際には、『電話番号認証が必要』ってことだけ覚えておいてください。

またライブ配信終了後には、視聴者数やいいね数などのスコアも確認でき、スコアを獲得すればするほど人気に繋がるため、人気ライバーの配信を参考にしつつ自分の魅力が伝わる内容を考えてみてください。

このような形で、登録して電話番号認証すればすぐにでも配信が可能なので、ライバーとして活動してみたい人は、アプリをインストールして、まずは試してみてください。

実際にワンセブンライブで10万稼げた人の体験談

私は2019年10月にインスタグラムからライバーのスカウトをされ、ライブ配信に興味を持ちました。

年齢は36歳で、仕事はWebライターとライバーです。
趣味は体を動かすことで、具体的には筋トレやジョギングなどが好きです。

昔から人と話すことが好きで、自分の周りからの評価は「社交的」な人間と言われます。

内容は以下の4つです。

1 寝落ち配信(始めた当初の配信スタイル)
2 雑談配信
3 歌配信
4 ピンク配信

以下にそれぞれ説明していきます。

1 寝落ち配信
寝落ち配信は私が配信をはじめた最初のスタイルです。3ヶ月間続けました。
その当時は仕事が忙しく、深夜に帰ってくることが多かったです。
帰宅後すぐに布団に入り、寝る前に画面を暗くして音声のみだけの配信をしておりました。

2 雑談
3ヶ月間続けていた寝落ち配信をやめ、顔出しした雑談配信も始めました。
約1時間弱の配信を週に5回程度を行いました。

4 歌配信
昔から歌を歌うのが好きだったので、ミキサー内蔵のマイクを購入しYouTubeから音源を取り入れて歌配信もしました。

5 ピンク配信
風俗の経営をしておりましたので、深夜帯にピンク系の雑談配信をしていました。

配信スタイルにより稼げる月にバラつきがありましたが、平均で10万円くらい稼げました。

結論から申し上げますと自分によがりの配信では稼ぐことはできません。
稼ぐためのコツはリスナーのニーズを研究しリスナー様が喜ぶ配信をすることだと感じました。

誕生日の月に関しては30万以上稼ぐこともできましたので、リスナー様を大事にすることで相手側も自分を大切にしてくれることが分かりました。

配信をしていて気付いたコツは3つあります。

1自分のやりたい配信をしないこと

2 配信時間を決めて決まった時間に必ず配信すること

3ライバーである自覚を常に持つこと

始めた当初は1000円も稼げませんでしたが、上記のコツを踏まえて配信スタイルを変えると報酬が増えていき、平均で10万円を稼げるようになりました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる