MENU

REALITY(リアリティ)の使い方やVTuberデビューから収益化まで解説!

今話題のライブ配信アプリ「REALITY(リアリティ)」の使い方をご存知でしょうか?
顔出し無しでアバターを作成してライブ配信するアプリとして、今注目を集めているヴァーチャルライブ配信アプリです。

そこで本記事では、REALITYの始め方から視聴・配信画面から収益化までの機能をまとめました。
特にアバターを作成してライブ配信したことない人もいると思いますので、その辺りの機能も含めて説明していきます。

本記事を読むことで、あなたもすぐにでもVライバーデビューできますので、顔出し無でお小遣い稼ぎ、収益化を考えている人はこの記事をチェックして、ライブ配信にトライしてみてくださいね。

目次

REALITY(リアリティ)の特徴は?

アプリ名称REALITY(リアリティ)
URLhttps://reality.app/
特徴アバターを利用した、顔出し無のライブ配信(いわゆるVtube)
ユーザ男女比非公開
ユーザー層年齢層は若いと中学生から、上だとアラフォー世代かもっと上の方まで、幅広い層
収益化可能(アマゾンギフト券や振り込み)
運営会社REALITY株式会社

顔出し無し、ということで年齢層に関しては、本当に幅広い層が利用しているな。
ってのが登録して実際にライブ配信して、様々なリスナーさんと触れ合った感想になります。

利用して配信を試してみるまでは、中学生ぐらいの子供が多いのかと思いきや、割と50台当たりの年配の人もちらほらと声をかけてきてくれたので、年齢層の幅広さは感じました。

ここ最近は海外層の取り込みにも力を入れており、シェアを伸ばしていこうとしている最中になります。

代表取締役は、グリー役員を兼務しており、会社としては非常に勢いもアリ、お金、バックもしっかりとしているので、利用に関しては、何の心配もいりませんね!

REALITYのキャッチフレーズは「誰でもスマホ1台で好きな姿に変身!」
という宣言通り、自分でカスタムしたアバター姿でのライブ配信や、他のユーザーとゲーム・コラボ配信などのコミュニケーションを楽しめます。

配信内容としては、トークメインのように感じましたが、この辺りは今後ドンドン入れ替わっていくものと思われます。

REALITY(リアリティ)の登録から、ライブ視聴、アバター作成から配信方法まで教えます!

ここからは、REALITY(リアリティ)アプリの使い方について、画面キャプチャを利用しながら、もう少し細かく解説していきます。

特にバーチャルライブ配信アプリ、って使ったことないしイマイチ分からない・・・
なんて、思っている人が多くいるかもしれません。

このあたりの疑問や不安を解消するために、使い方について解説していきますので、試してみてください。

ちなみに、最初に一点だけ言っておきますが、バーチャル配信、ってことですが、VRゴーグルのような特殊な道具は必要ありません!
スマホ一つあればそれだけで楽しめるようになっているので、そこは安心してくださいね笑

インストールや会員登録の方法は?

アプリをインストールすれば、会員登録してすぐにでも利用開始できます。
特に迷うことはないともいますが、念のため、登録画面のキャプチャを載せておきます。

会員登録のためには、普段利用しているSNSやAppleIDを利用することですぐに登録できます。
私の場合は、配信しているのを友達やフォロワーさんに共有して紹介したかったので、Twitterを利用しました。

収益化を考えているのであれば、ライブの宣伝にも利用できますし、フォロワーを増やしながらツイッターアカウントを育成し、こういったライブ配信アプリでの登録に利用するのをおススメします!

もちろん普段から利用していてフォロワーも多くいるのであれば、そのアカウントを利用するのでも全く問題ありません!

まあこの辺りはあんまり時間をかけてもしょうがないので、サクサクと登録していきましょう。

また、誕生日を入力する画面もありますので、そちらも入力してください。
特に年齢による機能制限などはなさそうなのですが、なぜか年齢を登録させられましたね

アバターの作成方法は?

登録すると、そのまますぐにアバターの作成画面に移っていきます。
アバターを作成したことが無くて、最初は難しそうに感じるかもしれませんが、操作自体は非常に簡単でサクサクと初心者でも全く困ることなく、すぐに作成できます。

イメージつかない人もいると思いますので、私がエルフ女子を作成したアバター作成画面を紹介します。(なぜエルフなのか?ってツッコミは無視していきますからね笑

むしろ、様々なパーツをしっかりと作成可能過ぎて、最後にイメージと違うアバターができてしまったときに、修正箇所が分からなくて悩む感じでした笑
こんな感じで、作りたいキャラをしっかりとイメージして、その通りにパーツを選んでいってくださいね。

まあこの辺りは、作り慣れている人であれば特に気にならないだろうし、こだわる人はこだわると思いますので、適度なところで切り上げてくださいね。

ライブ視聴方法は?

ライブ視聴方法に関しては、バーチャルライブと言っても、特段新しいことはありません。
他のライブ配信アプリを一度でも使ったことがある人であれば、すぐに視聴方法は分かります。

こんな感じで、アプリを開くと様々な方がライブ配信をしていますので、その中から興味のある方のライブ配信ルームに入って、視聴してください。

ルームに入れば、特に難しいことは何もなく、すぐさまライブ配信画面が見れるようになっています。

特に難しい機能もなく、一般的ないわゆるライブ配信アプリと同じような配信画面となってます。

ポイントとしては、右下の護符とボックスのアイコンが、いわゆる投げ銭機能となっています。
ここで送るギフトを選ぶことができますので、気に入ったライブ配信者がいれば、ギフトを贈ってあげると喜びますよ。

ライブ配信方法は?

ライブ配信に関しても非常に簡単です。
ホーム画面の虹色のような、中央部のアイコンをタップするだけで、すぐにライブ配信することができます。

配信タイトルと一緒に、コラボ参加の有無やコラボ参加者にパスワード入力を促すかどうかを設定できます。
ゲリラ参加OKならパスワードなし、友だちとコラボするならパスワードありで部屋を作っておくのがおすすめです。

配信の設定画面では必ず設定しなければいけない欄は無いので、特に設定しないまま「配信する」から配信をスタートしてもOKです。

また、配信中にいつでも設定の変更も可能です。

一番上の行は、配信のタイトルを付ける欄です。
慣れるまでは、ユーザ名が入ってる、デフォルトタイトルをそのまま利用していても、全く問題ありません!

こんな感じで簡単にライブ配信ができるようになっています。
特に難しいことはないのですが、タイトルやちょっとした配信設定ができます。

また、配信が終わった後は、ルームに入室してくれた方のアイコンが出てきますので、来てくれたリスナーさんにお礼をしたりフォローしたり、といった機能が用意されています。


ここからは、初心者の方でも分かるように、簡単にライブ配信機能について紹介します。

「コラボ」機能

ONにすると、他のユーザーが自分の配信に入って同時に配信できます。コラボ配信は他のユーザーが最大3人まで参加可能で、コラボ中は相手のアバターも表示されます。

この機能は、ライブ視聴しに行ったときに、コラボに誘う。
といった機能もボタン一発ですぐに誘えるようになっていますので、その辺りの機能も試してください

「誰でもコラボ」

ONにして配信開始すると、ホスト配信者である自分が確認することなく、他のユーザーがコラボ配信に参加できます。また、配信一覧の「コラボ待ち」へ表示され、「コラボ待ち」の一覧にある「参加する」を押したユーザーがランダムに参加できます。

「誰でもコラボ」をOFFにしている場合は、他のユーザーから届いたコラボ申請を承認したらコラボが開始です。

最大参加人数

コラボに参加できる人数です。コラボ機能をONにしている時に、1〜3人まで設定できます。
特に意識することなく、そのまま、最大人数の3人に設定しておいて、何も困らないです。

パスワード欄

「誰でもコラボ」がOFFの時に、他のユーザーがコラボ申請を行うためのパスワードです。こちらは入力しなくても構いません。

「配信開始をツイート」機能

ONにすると、配信開始後にツイート内容を編集して送信できる画面が表示されます。

リアリティーで実際に収益化に成功した例

では実際にリアリティーで実際に稼げた例について体験談を紹介していこうと思います。2名の方がアンケートに答えてくれました。

リアリティーで医学部ならではの知識と音楽配信で1万稼げた

20代男性、大学院まで行ったあとに就職した会社員です。仕事は定時にきっかり上がれるタイプの職場です。趣味はピアノ弾き語りやペットと遊ぶことで、これを収益化できたら嬉しいと思い、ライブ配信をはじめました。

リアリティーで医学部卒ならではの健康知識やマメ知識、人には聞けないような相談を募集してコメントを読み上げたり、お悩みに答えたりしました。

他にもピアノを弾きながら流行りの曲や懐かしい曲をうたったりした際には、ライブ感を感じてもらうためにオーディオインターフェースを使って配信しました。

自分は声質が独特なので、コンセプトを決めて曲のセットリストを揃えたこともありました。ペットと遊んだ時には、生活感のある音が欲しかったので、あえて機材を繋がずに配信していました。

他にもファンを作るため、タロット占い師をしていたことがあるので、有料アイテムを投げてくれた人を対象に、占い鑑定をしました。相談内容が似ているリスナーには興味を持ってもらえて、次々と依頼をもらうことができました。多いときには60人くらいの累計リスナーが来ていました。

経費を引くと、1万円くらいです。人気のライバーさんの配信には常に人が居るし、マネージャーが付いていることもあります。

多くの配信ポイントを貰った人が入賞できるコンペティションにも応募するので、それだけ多くのお金が集まります。ただ、ライバーとの距離が近いと、プレゼントも下心が混ざりやすいので、REALITYではなく、他のアプリの方が稼げるかな?とは思います。

自分がREALITYを続けるのは、あまりにもコミュニケーションが取れなくなると、身内として応援してくれる人が減るからです。コンスタントに稼ぐには人気、特に丁寧な人柄とトーク力が必要になるので、ある程度の演技力や企画力などがあると、伸びる配信者になれると思います。

リアリティーの麻雀配信で月3万かせぐことができた

24歳、岩手県に住んでおります。趣味はゲームをすることと歌を歌うことです。趣味のカラオケと人と話をすることを上手く利用してお小遣い稼ぎをできたら良いなぁと考えおりました。その結果、配信アプリのREALITYを使っております。

バーチャル配信アプリなのですが、還元率が高いということを聞いて始めました。バーチャル配信で顔出しせずに済むという点を除けば、他の配信アプリと変わりはないと思います。

雑談配信をしながら、時たまに歌ってみたりしてユーザーの方々とコミュニケーションをとっています。アプリの機能として、ミニゲームをしてそれを配信することが可能です。

アプリの中にあるミニゲームは麻雀やリバーシ、大富豪などのやったことのあるゲーム、誰しも聞いたことのあるゲームもあります。

私がよく利用するゲーム機能は麻雀ですが、私がCPUと対決している時にそれを見ながらコメントをしてくれる人がいます。自分も見てくれてる人も楽しみながら配信可能な点が素敵だと思います。

Twitterにタグ付けしながらアプリ内のゲームがおすすめ

収益の条件はSNSと連携していることだったと思います。

私はもともとTwitterと連携してアプリを使用していたので、13歳以上という条件はそもそもクリアしていますし、条件自体はクリアしていました。

ライブポイントが重要になってきます。ライブ配信をするようにして、有料ギフトを受け取りました。ここで大切なのは有料のギフトという点です。

無料のアイテムはもらえても有料のギフトは中々投げてもらえないので、とりあえず毎日コツコツと配信したり、イベントに参加したりしました。

1週間のうち、3日は続けていました。

そして雑談の日、歌う日、ゲームの日と配信をわけていました。

イベントでは特にアプリ内のゲームを使ったイベントもあるので、そういう時には余計に力を入れていました。

コメント、視聴者数が集計されて、私たちライバーにポイントが付与されてるみたいです。先ほど話をした有料アイテムはいわゆる投げ銭みたいなものです。

そう言ったものをもらえるのは嬉しいですが、やはり面白い配信でないと有料アイテムなどはもらえません。そこでその日、私の配信を見てもらえるようにTwitterでタグ付けをしたりしながら配信の予告をしたりしていました。

日程ごとにテーマを決めると登録者が少なくても稼ぎやすい

私はそのREALITYを使って稼ぐコツといえば配信の日数を増やすことと、配信する内容を考えるということです。例えば、私の1日目の配信は雑談枠です。

その雑談枠の内容をグダグダしたものにしてしまうとつまらない配信になってしまいます。もし枠に入ってくれた人がいたとしても特に話すこともなくグダグダではつまらないな、と思われてしまいますよね?

特にREALITYのようにバーチャルでユーザー数が少なめのアプリケーションでは、いかにファンになってもらえるかが肝になると思います。

「そこでこの日はこういうテーマで話をするよ」と先に提示しておきます。そこからだに脱線することもありますが、基本的にグダグダしすぎるのは防げます。

2日目のうたってみた、の日は歌う時にファンが離れます。そのため、きてくれた人を如何に止まらせるかが肝心になります。歌の合間に軽く返事をしたり、コメントについて話をしてみたり、ただ歌うのではなく盛り上げながらというのを気を遣っています。

麻雀をする日なんかは興味を持ってるユーザーが見にくるので、その人たちに頼るような言葉をかけて一緒に参加してもらいます。

そのように配信は自分と他の人たちで作り上げていくものです。相手を楽しませることが成功の秘訣だと思います。

LIVE配信のリアリティーで月に1万稼ぐコツ

年齢は34歳で職業は自営業です。趣味は主にFPSゲームとYouTubeなどでゲーム配信や実況を見たりすることです。
1年半前に知人にスマホで配信ができるアプリを紹介してもらい1年間視聴したのち細々と配信をするようになりました。

配信者側で使用したのはspoon、ぴかぴか、リアリティですが一番使用したのがリアリティです。

こちらは自分でアバターを簡単に作成することが出来るので顔出しをする必要がないので身なりを気にせずすぐに配信を始められます。


無料ポイントが簡単に貯めれる仕様になっている為
アイテムを投げてもらいやすかったです。

私は主に雑談配信と歌配信をしていました。雑談は思いついたままに話したりリスナーさんの話を聞いたりと様々で歌配信はボカロやアニソンなどを歌い、出来るだけリクエストなども募集していました。


アプリ内にゲームがあるためリスナー参加型でのゲーム配信も可能でYouTubeのチャンネルがある方は画面を配信に映せるためラグはあるもののPCを持っていなくてもPS4があればゲーム配信も可能でした。

稼ぐためにやったこと

初めの1か月で約1万5千円ほどの収益が出ました。
稼ぐコツは分かりませんが私が気を付けたのは以下のようなことです。

  • ある程度決まった時間帯に配信をする
  • 雑談配信時はフリー素材のBGMを流したりして全くの無音配信にならない様にした
  • プライベートなことは秘密で通し嘘は絶対につかない
  • コメントはしっかり最後まで読んでからもう一つコメントを打ってもらえるような返しをする
  • アイテムを投げてもらった時はしっかり反応をすること
  • Twitterを活用して宣伝やお礼のリプをする

内訳は開示されていないため分かりませんが毎日配信をやめ3日ほど休んで配信した時に明らかに1日の収益が減ってたため毎日30分でも配信を続けることが大事なのかもしれないです

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる